読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンポジウム「いまなぜ高校が変わるのか - 大学入試改革の真のねらいを問う -」

f:id:OKETA:20150823025741j:plain

8月30日のシンポジウムはNHKEテレでの放送が決まりました。
1時間番組です。
パネルディスカッションの様子を高校等での事例を交えつつまとめることになります。
遠方のみなさんをはじめ、当日ご参加いただけない方はぜひ番組をご覧ください。
また、NHKでの放送を前提にするため、現在、教育に直接関わっていない方々がご覧になっても、いまの改革の流れや高校、大学、大学入試に求められているものがなにかをわかりやすく理解していただくものを目指します。
もちろん、いま議論されている高大接続システム改革会議の様子を踏まえたものになりますし、学習指導要領の改訂の議論も見据えたディスカッションになります。

冒頭で、義本博司審議官にご挨拶を兼ねて、なぜいま高校教育が変わらなければならないのかを10分程度で、お話しいただきます。

柳沢幸雄先生と高校生の授業を第一部とし、第二部ではパネルディスカッションとなるわけですが、今回のパネリストにみなさんには複数の役割を期待しています。

三島学長には、東工大の学長としてだけではなく、国立大学の立場から、そして工学(理系)の研究者として立場からご発言いただきます。

鎌田総長には、同じように、早稲田の総長としてのみならず、私立大学の立場から、そして、法学(文系)の研究者としての立場からご発言いただきます。

廣田取締役には、グローバル企業の経営者の立場から、そして、企業の人事担当としての立場からご発言いただきます。

保護者代表の成島さんには、小学生の保護者として、学校法人の理事としての立場からもご発言いただきます。

そして、柳澤校長には、私立中高一貫の校長としての立場に加えて、東大とハーバードで教えた経験を踏まえつつ、全体のコメンテーター的な役回りも期待しております。

これらの多様なパネリストから適宜意見を引き出すという大役を担えるのは、この人しかいないだろうということで、NHKの早川信夫解説委員にモデレーターをお願いしております。

ご存じのように、いまの教育改革の議論は多岐に渡ります。
しかも、複数の会議で議論されており、この改革の実現に向けては一部を変えたところでどうにもならず、一体的に改革せざるを得ないところですので、今回のディスカッションでどのように焦点を絞っていくのか、2時間足らずの議論を総花的にならずに少しでも深められるかなどなど、スタッフとしては悩みの深いところであります。

当日は多くの方々にご来場いただきます。そして、10月頃に予定されている放送では、もっともっと多くの方々にご覧いただくことになります。

期待の大きさに、応えられるよう、準備をしていきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。