読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンポジウム「地方創生 大学の役割と可能性」開催

 

シンポジウム「地方創生 大学の役割と可能性」

 

実施日:

2015年3月21日(土)

14時から

会場:

東海大学 高輪キャンパス

主催:

認定NPO法人

ふるさと回帰支援センター

 

 

 少子高齢化、生産人口の減少どころか、このままでは日本に「極点社会」が到来して将来的に「地方が消滅」するというデータも発表されている。東京一極集中の一方、若者に限って言えば、経済的な問題で「地元志向」せざるを得ない受験生の傾向も見えてきた。

地方の若者は多くの選択を迫られる。「地元の大学を選択するのか」「首都圏の大学に進学をするのか」「就職をどのように選択するのか」など。

そこから見えてくるのは、大きくなる地元の大学の役割だ。

『大学』『就職』『地方・地域』をキーワードに、若者は今なにを感じ、なにを思い「将来を選択」していくのか。

さらに、『大学』の取り組みや卒業生などを紹介しつつ、『地方・地域・東京』が抱える問題・課題をふまえて、これからの大学が担う地域貢献について考えていく。

 

<第1部> 

「学生はなにを感じてどう選択していくのか」(VTR)

岩手県立大学東海大学中央大学・法政大学の学生による座談会

 司会:教育ジャーナリスト 後藤健夫

                                               

<第2部> 

「大学と地域貢献」

パネルディスカッション 

【パネリスト】 

青森大学教授

 見城美枝子(モデレーター)

岩手県立大学学長

 中村慶久

慶應義塾大学教授

 片山善博(コメンテーター)

東海大学学長

 山田清志

名古屋学院大学学長

 木船久雄

法政大学総長

 田中優子

 

 *申し込みは不要です。会場に直接お越しください。